FC2ブログ
 
■プロフィール

空風 海月

Author:空風 海月
空風海月の日記です。
私の生き様が、考えが、誰かの役に立てばいいな、なんて思っています。

もっとみんなが気兼ねなく幸せになれて、楽しく生きていける世界が作れたらいいのにな、と思っています。
そのために私に、誰に何が出来るのかについても、僭越ながら書いていきたいと思っています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ろっく
世の中が疲れてくるとロックが出てくる、という言葉を聴いたことがありますが…
最近私の周りではロックがたくさんです。←自分が好んでるだけw
そのせいか、口がより悪くなりつつあります。いやまぁ、もとから口は悪いんですけどね。笑
口には出しませんが、結構えげつないこと考えたりします。サイコパスレベルのことも、まぁ、考えています。実行はしませんが。
とはいえ、キツイ言葉でも、恐らくちゃんと考察されたものであれば、変に身を切るものではなく、一刀両断な爽やかさがあるのかもしれません。
見た目は女性ですが、数名の男友達から太鼓判を押されている程度に男性的思考をしているようなので…ドギツイけれども、まともなことを言う役を担っているのかな、と思ったり。


独自性とか個性という話。
自分と同じ人はいない、といいますが…人間が地球史上に現れてから数万年の間に、本当に自分と同じらせん構造をもつ人間がいなかったと言えるのかな…と不思議に思ったりしています。突然変異は、自分にだけ起こっているのかな?とか。
数百億人もの人間が生きて死んでいたのだとしたら、自分のコピーのような人間がいたって不思議じゃないよなぁと。というか寧ろ、今生きている自分こそが、過去にいた人間の丸映しのコピーだったりして。そういう存在を、占いでは「前世」と呼んだりしているのかな?と思うと、前世を信じている人というのは、過去数万年の間に「自分」がいたということを認めることになる、のかな?

だからなんだ、という話なのですが。
人それぞれ違うという前提自体、よく考えてみると怪しいのに、殊更に人との違い、独自性とか個性を追い求めることって何なんだろうなぁ…と疑問に思いました。
要は、違うから、何?と言う話で。
違っていること=アイデンティティだという、この簡単に拭い去れない感覚や世間的に流布している感覚は、一体何だろうか、と思っています。
生物学的に考えてみれば、他と違うということは、生存に不利であるか、生殖に有利である訳ですよね。
人間は生存では他に勝っている(と勝手に考えているから)、生殖に有利である方を選んでいるのでしょうか。他と違う=モテる、というやつですよね、俗っぽくいえば。


と、至極どーでもいいことがふと思い浮かんだので、つれづれなるままに書いてみました。
世の中不思議なことばかりです。それらに対して、意識的に思考をシャットアウトしているならまだしも、全く気付いていない状態って怖いよなぁ…と思う反面、特にいろいろ考えなくてもいいって楽だろうな、と思います。
私は、それでも考える方を選びたいです。だってなんか、ろっくじゃないですか、かっこいいですよw
スポンサーサイト


思考 | 16:13:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。